経営支援セミナー

経営者向けセミナーのご案内

「TKC経営支援セミナー2015」は、ご好評のうちに終了いたしました。

開催日時平成27年9月8日(火)    ( 14:00~15:00 )
会場浜田ニューキャッスルホテル 2階大ホール
浜田市 殿町 83-124
主催桑原令税理士事務所
タイトルこれで安心 マイナンバー制度 実務対応セミナー -制度開始までに準備すること -
主催者コメント平成27年10月から社会保障・税制番号制度によって住民票を有するすべての人とすべての民間企業に番号が通知されます。様々な問題に対応するため「番号制度」の影響と対策の研修会を開催致します。
参加費ご招待
電話番号0855-22-1953
FAX番号0855-23-5549
担当者保田 秀則
メールアドレスkuwabara-ryou@tkcnf.or.jp
プログラムオープニング
マイナンバー制度の実務への影響と対応

セミナー案内

有限会社 STK会計センター主催 森下篤史氏講演会”行動力”で変える経営、~小さな会社『勝ち』の秘訣~

日時:平成27年11月11日(水)14:00~16:15(受付 13:30~)【終了】


場所:浜田ニューキャッスルホテル2階大ホール


有限会社 STK会計センター主催 森下篤史氏講演会”行動力”で変える経営、~小さな会社『勝ち』の秘訣~

※クリックすると拡大します。

有限会社 STK会計センター主催 三輪康子氏講演会「クレーマーもスタッフも虜にする、“三輪式”究極のマネジメント」

日時:平成26年11月12日(水)13:30~15:45(受付 13:00~)【終了】


場所:浜田ニューキャッスルホテル2階大ホール


クレーマーもスタッフも虜にする、

※クリックすると拡大します。

(有)STK会計センター主催 2014年度第3回及び第4回後継者塾を開催しました。

開催日時 第3回:平成26年7月18日(金) 18:00~19:30【終了】
第4回:平成26年8月22日(金) 18:00~20:30【終了】
開催内容
経営戦略はこう立てる

今回は、3回目及び4回目の開催の様子を報告いたします。

3回目では、まず、「経営理念」を実現するために具体的にどのような行動をとるかが「経営戦略」になる、ということをお話ししました。
続いて、「経営戦略」を考える際には大きく4つのステップがあることをお話しし、まず、自社の内部の強み及び弱み、並びに自社を取り巻く外部環境がどのような状況になっているのかを把握するための手法である「SWOT分析」について説明しました。
今回は時間の関係上、参加者には宿題として、「SWOT分析」をしていただくようお願いしました。
このあと、会場を移して懇親会を開催し、参加者間の親睦を深めました。

(有)STK会計センター主催 2014年度第3回後継者塾を開催しました。

4回目では、最初に、宿題の「SWOT分析」について参加者の中から発表していただきましたが、自社の現状を的確に分析していたように思いました。

引き続き、残りの3つのステップである「クロス分析」「商品戦略」「市場戦略」については、説明をしながら、参加者にそれぞれ考えていただくという形で、講義を進めました。
その場で考えていただくということで、なかなか難しかったように思われますが、それぞれが一所懸命に考えて発表してくれていたように感じました。日常の業務において試行錯誤しながら取り組んでいることが垣間見えました。特に、「人材」については参加者が共通の課題として抱えているようでした。

次回の後継者塾は9月19日(金)に予定しております。

(有)STK会計センター主催 2014年度第1回及び第2回後継者塾を開催しました。

開催日時 第1回:平成26年5月23日(金) 18:00~20:30【終了】
第2回:平成26年6月20日(金) 18:00~20:30【終了】
開催内容
会社の「活力」を生み出す7つの視点

今年度は、例年より1月遅れでの後継者塾の開催となりました。10月まで月1回ペースで計6回開催する予定です。

今回は、1回目及び2回目の開催の様子を報告いたします。

まず、1回目についてですが、最初に参加者の自己紹介をしていただきました。
毎年参加いただいている方もいれば、今回が初参加の方がいらっしゃったりと、業種や年齢も様々で、バラエティーに富んだ参加者の構成となっています。この半年間でお互いの交流を図っていただければ、と思います。

(有)STK会計センター主催 2013年度第6回後継者塾を開催しました。

引き続き講義に入り、前半は、今回初めて常務の岡田が講師を務めました。

まず、参加者それぞれに、「経営理念」を会社で明文化しているかを問うたところ、「はい」と答えた方は少数でした。ただ、明文化はしていないものの、それぞれに会社をこうしたい、という思いはもっていらっしゃるようでした。
なお、「経営理念」については、次回の宿題として作成するよう参加者にお願いいたしました。
後半では、「人づくりに力を注ぐ」というテーマで講義を行いました。「人づくり」は、組織風土・環境づくりと両輪であること、長期的な視点で取り組むことが必要であること、大きくこの2点に力を注いで説明しました。
参加者の感想としては、「人づくりは我慢だということを再認識した」「改めて人づくりについて考えさせられた」といった声が聞かれました。

2回目では、はじめに前回の宿題として出した「経営理念」を、参加者を代表してお一人に発表していただきました。内容は、その会社にふさわしいと思えるもので、大変すばらしかったです。
このあと、「いかに従業員にやる気を出させるか」について話し合っていただきましたが、参加者それぞれが、従業員に対して今直面している悩みを聞いていると、我々の頃とは時代が変わったのかな、と考えさせられました。と同時に、この問題については答えがあるわけではなく、経営に携わる者がずっと考えていかなければならないことだということも痛感しました。

(有)STK会計センター主催 2013年度第6回後継者塾を開催しました。

なお、次回は7月18日(金)を予定しております。

(有)STK会計センター主催 2013年度第6回後継者塾を開催しました。

開催日時 平成25年9月20日(金) 18:00~19:00【終了】
開催内容
業績の伝え方のルール

(有)STK会計センター主催 2013年度第5回後継者塾を開催しました。

半年間にわたる後継者塾も今回で最終日となりました。

今回はまず1時間講義を行いました。
今後は帳簿や決算書の信用力が求められること、経営者自身が自社の数字を理解し、融資を受ける際には自らの言葉で状況を説明することが必要だということを強調しました。また、業績を伝える際にはできれば口頭ではなく文書にしておくことが望ましいということも併せて説明しました。
それから会場をうつして卒業式及び懇親会を開催しました。
その中で受講生からは「勉強になりました」「来年も参加したい」等、とても前向きな声が聞かれました。来年も開催する予定ですので、多数の参加をお待ちしております。
懇親会では、あちらこちらで、話に花が咲いたようで予定よりもかなり時間をオーバーしてしまいました。
最後に、今回参加してくださった皆様に厚く御礼申し上げます。

(有)STK会計センター主催 2013年度第5回後継者塾を開催しました。

開催日時 平成25年8月22日(木) 18:00~20:30【終了】
開催内容
業績の伝え方のルール

(有)STK会計センター主催 2013年度第5回後継者塾を開催しました。

今回は、出席者が所用等でいつもの回より参加者が少なく若干寂しい回になりました。

まず初めに、出席者の中に全国で優秀な賞をいただいた方がいらっしゃったので、その方にお祝いを授与し、その方にお話をしていただきました。出席者は、皆興味津津でその方の話に耳を傾けていました。
引き続き、講義の中身に入って行きました。
金融円滑化法が今年の3月末で期限を迎え、信用保証協会の100%保証制度についても今後どうなるか予断を許さない状況です。
その状況下で、今後金融機関から資金調達をスムーズにうけるためには、経営者が、なぜ資金が必要かを自分の言葉できちんと伝えていかなければならない、そのためには、自社の決算書を基に自社の状態、事業の仕組み等をきちんと説明できる力を身につけていただきたい、このことを強調しました。
さらに、説明する際、口頭だけでなく、文書で行うことが今後は必要であることも付け加えて説明しました。
参加者の方々は、概ね今回の話は理解していただいたようです。
次回は9月20日(金)、あっという間に最終回です。

(有)STK会計センター主催 2013年度第4回後継者塾を開催しました。

開催日時 平成25年7月18日(木) 18:00~20:30【終了】
開催内容
経営戦略はこう立てる
自社のSWOT分析

(有)STK会計センター主催 2013年度第4回後継者塾を開催しました。

今年度の後継者塾も早くも後半戦に入りました。

今回は、前回宿題に出した自社のSWOT分析を参加者それぞれに発表していただきました。
当初は自社の「強み」のみを発表していただく予定でしたが、せっかくの機会ですので、参加者にはすべての部分について発表していただき、その内容について参加者全員でディスカッションをするという形式で進めていきました。
「外部環境」つまり、業界の動向や得意先の変化については、やはり参加者全員が敏感にとらえていて、ピンチの面もあるが、逆にこれをチャンスにしていこうという意欲がうかがえました。
「内部環境」つまり、自社の「強み」「弱み」については、参加者それぞれにあげておられましたが、そのなかで「人材育成」に課題をもっている参加者が目立ちました。
「なかなか人が定着しない」「従業員は真面目ではあるが、向上心がいまひとつ」といった悩みについては、経営に携わる者にとってはまさに経営の根幹に関わるものだけに、参加者全員が真剣に耳を傾け、助言をしていました。
あっという間に終了となり、もう少し時間が欲しかったような気がしましたが、それだけ有意義なものだったように今回は特に感じました。
次回の後継者塾は、8月22日(木)を予定しております。

(有)STK会計センター主催 2013年度第3回後継者塾を開催しました。

開催日時 平成25年6月20日(木) 18:00~19:30【終了】
開催内容
経営戦略はこう立てる
Ⅰ 経営戦略の立て方と活用法
Q1 経営戦略を考えるステップ
Q2 内部資源・外部環境を考えよう

(有)STK会計センター主催 2013年度第3回後継者塾を開催しました。

今回の後継者塾から、テーマが変わり、経営戦略についてのお話です。

まず、経営戦略を立てる前提として、前回までのテーマであった「経営理念を明確にする」ことがしっかりできている必要があること、つまり「経営理念」を実現するための具体的な行動が「経営戦略」であることを、理解していただきました。
経営戦略を考えるにあたっては、ます、自社を取り巻く内部資源・外部環境を考えることが大切であり、そのための方法の一つにSWOT分析があることを説明しました。このSWOT分析は、内部資源である自社の「強み」「弱み」、外部環境である自社にとっての「機会」「脅威」を整理するもので、経営計画を立てる際には必ずといっていいほど使われる手法です。今回は時間の関係上、宿題として、参加者に自社のSWOT分析をしていただき、次回、「強み」についてのみ発表していただく予定です。
この日は、講義を1時間30分で切り上げ、懇親会を開催しました。
参加者が例年よりも多いということもあり、よりにぎやかな懇親会になったように思います。
次回から後半戦です。7月18日(木)の開催を予定しております。

(有)STK会計センター主催 2013年度第2回後継者塾を開催しました。

開催日時 平成25年5月16日(木) 18:00~20:30【終了】
開催内容
前回の宿題発表
Q&A 会社の「活力」を生み出す7つの視点
Ⅱ 人づくりに力を注げ!
Q5 長期的な視点で人づくりに取り組む
Q6 従業員への動機付けに取り組む
Q7 信頼感と一体感を高める組織づくりに取り組む
Q8 経営者力向上に取り組む

今回の後継者塾は、まず、前回宿題に出した、参加者それぞれが考えた経営理念の発表から始まりました。

発表の中身については、参加者それぞれが一所懸命に考えた跡がうかがえました。そのなかで、一部の方が発表した理念が大変素晴らしいもので、発表後期せずして拍手が起こりました。
経営理念は、会社の経営の根幹をなすものですから、今回考えた理念を、今後の経営に十分浸透させていただければ、と思います。
その後、「人づくり」をテーマにした講義に入りました。
長期に雇用を安定することで従業員は安心感をもつ、また、事業継続には計画的に人員を採用することも必要である、更に、従業員の動機づけは、給料などの外的なものではなく、仕事を通して自分が成長できる悦びがもとになる、そのことの気づきを経営側が与えることが重要である、こと等を講義の中で強調しました。
また、参加者の中には、従業員の採用に実際に関わった方がいて、採用にあたってどういうことに重点を置いたか、についての話を聞くことができました。
人材育成・教育は経営者に課せられた永遠の課題であり、そのことについては、参加者はしっかり自覚されているようでした。
次回の後継者塾は6月20日(木)を予定しております。

(有)STK会計センター主催 2013年度第1回後継者塾を開催しました。

開催日時 平成25年4月19日(金) 18:00~20:30【終了】
開催内容
Q&A 会社の「活力」を生み出す7つの視点
Ⅰ 社長の想いを伝えよ!
Q1 不況下でも元気がある企業の特徴とは
Q2 経営理念を明確化して実践する
Q3 経営理念を社内に浸透する
Ⅱ 人づくりに力を注げ!
Q4 自立・創造できる人づくりに取り組む

今年で5年目となる後継者塾がスタートしました。

まず、出席者それぞれ自己紹介をしていただきましたが、初めて出席される方が多く、例年に増して新鮮な感じを受けました。半年間の開催ですが、出席者それぞれに交流を深めていただけたらと思います。
第1回目となる今回は、主に、経営理念を明確にし、社内に浸透させることが大切である、といったテーマで講義を行いました。
最初にいくつかの企業の経営理念を紹介し、そのなかで、「活力のある企業」の多くは、経営理念が明確で、それが社内に浸透している、さらに、経営者自身が、経営理念を実際の経営判断において実践をしている、というアンケート結果を紹介しました。
また、経営理念を社内に浸透させるのは簡単ではないが、浸透には、「時間をかけて繰り返す」「わかりやすく具体的な事例をもって説明する」ことが必要であることを強調しました。
出席者の会社で、経営理念を明確化しているところ、そうではないところ様々ありましたが、こういう会社にしたいという想いは、皆さまもっていらっしゃるようでした。
なお、次回は5月16日(木)を予定しており、各自で経営理念を考えていただくよう宿題を出しました。

経営アドバイス・コーナー
桑原令税理士事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
中国税理士会所属

お気軽にお問合せください。
桑原令税理士事務所
TEL:0855-22-1953
kuwabara-ryou@tkcnf.or.jp